注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

ブレッドカフェさくらは、いつでも来て、飽きない、楽しい、癒しの空間をめざしたカフェです。

ブレッドカフェさくら誕生の経緯

「ブレッドカフェ・さくら」は、日本の道100選のさくら通りの中ほどにあり、桜並木の景観になじむ落ち着いた店です。周囲は年々店が減っていって、集まるところがほしいなどの声を聞くようになりました。そこで、40年来続けてきたインテリアショップ内装業を活かして、地域の誰もが、いつでも来て、飽きない、楽しい、また来たい、癒しの空間をめざしたカフェをオープンしました。空間の隅々までにこだわったデザインとトイレは、バリアフリーで車椅子の方々にも好評です。

「ブレッドカフェ・さくら」は障がい者が働く施設です

「就労継続支援B型事業所」という施設です。働く方と雇用契約を結ばない、訓練のような形で働く場所のことです。お客さまに買っていただくパンは、中には型がふぞろいだったり、焼きむらがあったりするものもありますが、職員・利用者みんなで一生懸命こころを込めて作りました。そしてお客さまに買っていただくことが、障がい者の方々の自立に役立つ工賃に結びつきます。ぜひご賞味いただき、気に入っていただけましたら、またご来店ください。職員・利用者一同、こころからお待ちしております。

カフェ空間の広がり

カフェ空間の効用は、さまざまな利用の広がりを見せています、毎週第三土曜日は絵本の聞かせや音楽を取り入れた語り劇などパーティ、近くに、「21世紀の森と広場」があり、歌や劇とコスプレイヤーの全国的な集会場があります。お茶飲み・休憩・昼食などにご利用ください。

さくら通り(日本の道100選)という立地

千葉県松戸市常盤平地区は、昭和30年代にできた大規模団地の一つ常盤平団地(5300戸以上)があります。桜の季節には、新京成線の八柱駅から五香駅まで並行している道路の約4キロメートルのさくら通り(日本の道100選)には、桜の開花時に約40万人の花見客で賑わいます。


ブレッドカフェさくら

松戸市常盤平西窪町5-10

(就労継続支援B型事業所 ふれあいサロンさくら)

代表取締役久我五男                                                        

お問合せ=TEL:047-387-1525